鍛金とは

金属の塑性(変形する性質)を利用した成形法を総称して「鍛金」といいます。
精錬または合金に調整した金属材料を地金といい,これを金槌で打つなどの方法で形を作ることをさします。
もちろん現代では産業的に工場の設備で地金が生産され、機械で板・棒・線などに加工した金属材料が市販されていますから、私たちはその材料を使って作品を作ることができます。また、方法も産業界の新しい技術を取り入れることで、多様な表現が可能となり、溶接などを使って大きな作品も作られています。

鍛金に含まれる技法名の一部 鍛  造:主に塊状の金属を打ち延ばしてつくること。 打ち出し:板状の金属を打ち出してレリーフや立体にすること。
器物類の制作も含むが変形量の多い深いものは絞りを行う。
絞  り:板状の金属の周辺部を絞り寄せることで立体にすること。
当て金と金鎚を使い,徐々に目的の形へと成形します。
器などの回転体が基本となりますが、不定形の立体作品も、絞りを応用して作ります。

注:「鍛金」は金工を大きく3つに分類する言い方のひとつで、他に、溶かして型に流し込む成形法を「鋳金」といいます。また、加飾や細工的な加工を「彫金」といいます。産業界では「鍛造」「鋳造」「彫刻」ということばを使います。産業界での「彫刻」は美術界の「彫塑」とは異なるものです。

当て金の紹介 この絞りの技法に使う当て金の不足に苦労することが多く、自分なりに方法を考えてきました。
それらを整理して「ソケット式当て金:RT」として紹介することにしました。多くの方が「鍛金」を楽しむことを願って。

ソケット式当て金:RTの紹介ページへ