当て金という道具を改良する

当て金の改良に際して

「鎚」の元は石ころであり、持ちやすいように柄がつけられ、使いやすいように形が考えられて来た。
「当て金」の元は「金床」であり古代では安定した岩や石であった。当て金は鎚が改良されたようにその金床が使いやすいように変化しただけのもの。当然どっしりと安定したもの程使いやすい。しかし小さな細工に巨大な金床や鎚が必要というはずはなく、むしろ小さい道具が使いやすい。
要は作業に応じた大きさ、強度、精度等が望ましい。
力を加える鎚、力を受ける金床、ひっくり返せば同じこと。しばしばタガネや金鎚を小物の当て金として代用できるように、金床・当て金・当て盤・鎚・タガネは石ころが改良されてきたものと思ってよい。違いは金床や当て金は固定して使うので、安定してかつ望む位置に望む形のものがあって欲しい、というものだし、鎚や当て盤は手に持って使うので使い心地の良い重さや形のものが欲しいというものである。そこで道具は多い程よいということになりがちだ。しかし当然限度がある。それよりも少ない道具を有効に使うか、初めから多様な働きをする道具を考えるほうが良い。
当て金で絞り作業をしたことのある人は、望ましい当て金が無いとか、有っても作り進むうちに当て金の面が合わなくなるとか、脚(支持部)の曲がりが合わなくなるという経験を味わっているであろう。形や位置が変化できる当て金を作れないだろうか。面の部分(又は脚)だけを交換出来ればかなり改善できると思われる。
そこで、従来の当て金の頭の部分を切り放し、ソケットを設け、任意の頭をつけかえていく、と考える。頭をそのまま使って、脚を変える場合も同じ対応である。 構造はなるべくシンプルなこと、改造や追加が容易なこと、入手しやすい市販のもので応用ができること、初心者向きにも有効なこと、応用性が広いこと(ヤニ台・鉛台・木・ゴムをセットできる)などを実現させたい。
よって頭に丸棒(軸)を付けて、ソケットをバイス式にすることにより固定と交換を可能にする。この丸棒(軸)を付けるということは、頭を任意の角度にセットできるということであり、1つの頭の全ての部分を使うことができるようになる。(ソケットの方向を変えて横向きにセットすることでさらに有効性が増す。)また、新たに当て金を造る場合にも頭の部分だけを造ればよいし、改造や手入れも軽いので容易である。
後になって気がついたのだが、この構造は自転車のサドルの固定調節部と同じ原理であった。
またこのシステムの開発中に、よく似た工具を見たことがある。ちょうど小型の「への字床」の頭を取り替え式にしたもので、角型テーパー付の足を先端の角穴に差し込むだけのシンプルなものであった。自分としてはとても良い物を考案したつもりでいたが誰でも同じように考えるもののようだ。それはドイツ製とのことで、かつてドイツのフオルツハイム造形大学を訪問した折に金工室で見た工具に近いものだった。その取り替え式の頭はアンビルの角穴に差し込んで使う工具と同じ部類であり、アンビルの一部をさらに延長し角穴を設ければさぞかし安定して具合がよいかと思われる。ドイツの工具は実に合理的で、蜂の巣床と万力の合体したようなものなど楽しいものがたくさんあった。
以上のドイツ式とこのシステムが異なるのは角穴ではなく、丸穴であることとバイス式ソケットであり、ある程度任意の方向・位置に据え付けられるということである。また、そのことで市販の丸棒をそのまま使えることと、横向き(横挿し)にしたり自由な角度でセットすることが出来るということである。
主な欠点:ソケットや丸軸部の精度が悪いと安定性が弱く、ある程度の精度を要す。(特に小型ほど必要)
故に、当て面だけでなく、ソケットや丸軸部も丁寧に取り扱う必要がある。

この道具の名称をかつて「SS式当て金」と称してきました。特殊な(Special)ソケット(Socket)を使う当て金として、または、軸(Shaft)を据え付ける(Set)当て金として、そう呼んできました。
この度ダクタイル鋳鉄を専門とするクロダイト工業株式会社より、理想に近い道具として製作可能となり、従来の溶接を主とした構造のソケットと区別するために「RT」と称することにしました。
(「R」の字を採用したのは西洋の角型のピンに対して、丸軸を任意の位置・角度に固定できる構造であることと、やさしい感じのする好きな文字だから、などなど。)(実はこの「RT」の開発には父:利吉が全面的に協力してくれましたので、そのイニシャルの「R」とToolの「T」を組み合わせたのも本音です。)

従来の金床や当て金

手前が最も簡潔な日本式金床、左は洋式のアンビル(ツノ床とも呼び、左右のオフセット部により機能が広い)。
右の木台の中央は角床、その左が坊主床、その左がへの字床。

「当て金」とは「金床」の変化した物で、シンプルな金床では「当て」られない作業のため、「機能面部」をオフセットさせた道具です。
造形の形状に応じて面の形状やオフセットが必要になるため、これまでは膨大な当て金が必要でした。

ソケット式当て金「RT」

「当て面」の交換とオフセットを可能にした道具で、わずかな数の 道具で多様な働きを可能にしました。また、西洋式の角型ではなく、丸軸と丸穴のソケットにすることで、西洋式では出来ない対応も可能にしました。

詳しい説明は「RTの紹介」をご覧ください。この道具から素敵な作品が生まれることを願っています。

ソケット(ソケットを設けた台床となるもの)
▲木台を使う例

この画像はその例ですが、左右のものが「基本型」としているもので、当て面となる部品を縦挿しと横挿しの両方に使用できます。つまり、初期の絞りから、やや深い絞りまでを可能にします。(この右の例は下からセットして器の口や肩を絞る時の例です。)
その間にあるのは「ぶったて型」です。「基本型」でほとんどの絞りが出来ますが、やはり「ぶったて」もあれば快適です。
(中央手前のボール当て面はソケット式の仕様で製作した道具ですが、木台に直接挿し立てています。球体はどの方向からでも同じ球面で受けてくれますから様々な働きをしてくれます。)

▲万力を使う例

この画像は「万力型」のソケットです。
この「万力型」は木台の無い学校や環境のために考えたもので、「基本型」と同じく縦挿しと横挿しの両方に使用できます。
当て面部品の製作・改造や手入れをするときにも便利なものです。

この画像は「卓上型」です。
万力も無い学校や環境のために考えたもので、「基本型」と同じく縦挿しと横挿しの両方に使用できることと、斜め方向にも据え付け出来ます。
手軽な作業用ですが、クランプで固定すれば絞りのような作業も安定して出来ます。

当て面部品(当て面となる部品)

きのこ形基本当て面いわゆる旧式当て金の坊主床の頭部に相当する物です。

常用当て面部品(3種類)主に縦挿ししての絞り・均しに使用する他、横挿しして側面を使うなど様々な働きをします。

ボール付き基本ピンボールを溶接したものはシンプルですが働き者です。同じボールでも溶接する位置を変えると更に働きが増えます。

当て面部品用鍔付きピン
(基本ピン)
鋼片などを溶接して、当て面部品を作る時に使用する他、この頭部を削って小さな当て面部品を作ります。

基本的には直径16mm(または24mm)の丸棒をセットすれば、それだけでもある種の当て金の働きをします。
(丸棒はS45C磨き鋼を使用します。)

以上の画像は主な物の抜粋です。
他の物の紹介は「RTの様々」の頁などにあります。